狭い門は役に立たない

一つの目安として、荷物を持って通れる幅(例えばビールのケースとか自転車)をとりますと90cmはあけたいところです。

傘を広げて通れる寸法だと幅1.3m以上は必要てす。

現在の住宅で標準的な門扉の正門の広さはどのくらいが適当かというと、建物一階の軒高の半分、約1.5m前後がバランス的によいようです。

塀の高さも1.5m程を標準に各々の条件によって増減しています。

門は広さの加減で開放的にも閉鎖的にもなります。

正門ですと、狭い場合で開口幅1.2m、広めで2.0m程度でしょう。

片開きにする場合、もっと狭くなりますが、正門の場合、できるだけ片扉にはしないほうがよいと思います。

門の広さはどれくらいにすべき?

門の前に立った時、玄関まわりが視野に入っているとゆとりがあって落ち着いた雰囲気が出せますが、この距離は長いほど、ゆとりが生まれます。

不足ぎみの場合は形に凹凸をつけたり、門冠りの木を植えるなどの方法もとられています。

門扉の門まわりに植栽のスペースがとれると周囲ともなじみやすく、風格の増した門に仕上がります。

開口部の広さは、人が通るだけですと体を横にして通れる30cm程の隙間でも可能ですが、荷物をもって通る、ゆとりを持たせる、訪問者を受け入れるための必要なスペースなどを考えていくと、おのずと幅が広がっていきます。

広さと高さ

門扉の門の位置を決定する場合、敷地の有効利用と建物とのバランス、道路、交通量、駐車スペースとの関連などを考慮して決めます。

特に玄関との関係は大きく、それで門のおよその位置が決まります。

また、敷地条件にはその敷地が持つ地勢、方位、広さ、形、環境、交通関係(道路の位置、交通量)等があります。

これらを前提条件として住まい全体の構想が生まれてきます。

地割り、間取り、更には立面、断面計画にいたるまで、同時に計画されるべきものなのです。

全体のバランスを考えて

今後は、建物や全体のバランスを基本に考えながら、扉、壁、床による人の導き方を、遊びもとり入れながら、もっと洗練させていくべきだと思っています。

そう考えますと、門扉をつくるにはいつ頃から計画していけばよいか、という点は重要なポイントです。

建物の計画時、もっと早くて敷地の選定時には門の位置をおおよそ決めて計画に入るほうが、敷地全体の有効活用の面からも間違いがありません。

建築家は建物の中に人をどのように誘導してくるかを考えながら建物を設計しますから、遅くとも建築の設計完了時点では門塀の位置やスペース、素材等は決めておきます。

この時に造園や設備の専門家も加わって、どのような門にしていくか、どのようなアプローチや前庭にしていくか、主庭、給排水工事とのからみ、電気、ガスの引き込みやメーター、配管のチェックなどをしておく事が大切です。

建物ができ上がってから、門がとれない、階段が納まらない、狭い、配線を忘れた、予算がなくなったなどの問題を生じさせないためにも、早期の総合計画は不可欠です。

遊び心を生かす

先頃、ヒットした商品の具体例をまとめた本の中に、「実遊品」という言葉が使われていました。

ヒットした商品には実用面のみでなく、遊びの要素が入っているというのです。

生活必需品はなんでもそろっている今、実用的な機能が充実しているのは当たり前で、そこにもう一つ面白さや遊びの要素が不可欠らしくて、工作人は遊戯人の心理がわからないとやっていけない時代が到来しているというのです。

私の場合、それで思い出すのが10年以上前、著名なグラフィックデザイナーがデザインした、蝶に人の目がついたような門扉です。

建物や外構全体を考えると扉だけが目立つようなデザインは好ましくないと思いました。

ところが、時間がたって現在考え直してみると、実遊品がよく売れる時代に、機能、バランスという面だけを強調していた自分のほうがデザインカに欠け、使いこなせなかったのではないか、という反省にかわりました。

扉が10数年先を行っていたのかもしれません。

苗木活着後の手入れ

門扉に苗木が根づいた後は、生垣が予定の高さになるまでは、側面だけを刈り込んで、上のほうは自由に伸ばしておくのが普通です。
1年目は、徒長枝のようにむだ伸びした枝や、梢の端を軽く切りつめる程度でよろしい。
2~3年目になって次第に枝や葉が茂ってきますと、刈り込みの形を決めて刈り込みにかかります。
生垣の形にはいろいろありますが、一般には頂の幅が底の幅より少し狭い、細長い台形に仕立てるのが理想とされています。
これは、生垣の根元のほうが、上の枝や葉のために日陰になりやすいことと、養分の流れが梢のほうより悪いということで、枝の伸びが悪くなり勝ちである上に、これと反対に、上のほうは日当たりがよく、養分の流れもよいため、枝の伸びが速く、枝や葉がよく茂って根元のほうが枯れ上がってくるからです。
生垣の幅は生垣の高さによって違いますが、一般には、高さが60センチのときは30センチ位、1メートルのときは40センチ位、1.8メートルのときは50センチ位が普通です。
もし幅を広くとった低い生垣を作るときは、苗木を二~三列に植えればよいでしょう。

生垣の一般手入れ

《植え付け後の手入れ》
苗木を植え付けてから晴天が続くようでしたら、しばしば水かけをしなければなりません。
普通の場合は植え付けのすぐ後と、3日位後にたっぷりと水を与え、その後は、晴天が一週間も続けば水をかける程度でよろしい。
しかし、特に乾きのひどいときは、2日に1回は十分に水かけをしてやりましょう。
生垣製の門扉は手間がかかりますが見栄えは非常によいものです。

芳香を楽しむ生垣の場合

門扉や庭木には、かぐわしい芳香をはなつものが少なくありません。
花はもちろん、果実、葉にも香気を持っているものがあります。
花の香りのある生垣用の庭木としては、ロウバイ、ピサカキ、ジンチョウゲ、ライラック、アメリカバイカウツギ、カラタネオガタマ、スイカズラ、テイカカズラ、バラ類、クチナシ、キンモクセイ、ギンモクセイ、ヒイラギなどがあります。
ただし、香りについては持ち主が簡単に制御できないことが多いので植える前に気を配りましょう。

竹類を楽しむ生垣の場合

竹やササ類を利用して門扉を生垣風に仕立てますと、大へん上品な生垣が出来上がります。
竹垣に使う竹は、モウソウチクやマダケのように地下茎を遠くまで伸ばすものでなく、カンチク、クロチク、ホウライチクなどのように株立になる性質の竹が適当です。
シノダケ、ダイミョウチク、ハチク、ホテイチク、ヤダケなどもよく使われます。
いずれも、むらがって生えている部分を、横竹(押縁)で押さえて生垣風に作ります。
また、オカメザサ(ブンゴザサ)やクマザサのようなササ類を、低い土手一面に覆わせることも大へん魅力のある方法です。

門扉と混植生垣

混植生垣は、四季の変化を楽しむために、葉の色の変化するものや、美しい花の咲く種類を必ず混ぜることです。
門扉に混植生垣を作る場合のいま一つの大切なことは、混植する種類とその本数の割合をどうするかということです。
一般にいえますことは、木の種類は常緑樹を中心にしてできるだけ種類を少なくし、本数の割合は、骨組みになる種類をまず定めてその本数を一番多くし、全体を統一させる役目をもたせることです。
混植生垣の骨組みになる種類としては、アベリア、アセビ、アラカシ、イヌツゲ、イボタノキ、オウバイ、キャラボク、キンシバイ、サンザシ、サツキ、シャリンバイ、チャノキ、ドウダンツツジ、トベラ、ニシキギ、ハクチョウゲ、ヒイラギ、ピサカキ、ボケなどがあります。