門の広さで建具を選ぶ

門扉の広さにより建具の種類も異なりますが、開き戸、引き戸、引き戸と片開き戸の組み合せ、引き違い戸、折たたみ戸、スイング式の扉、シャッター等が一般に使われています。

開き戸の場合、片開き、両開き、観音開きがあり、片開きで40cm~1.0m、両開きで1.2m~2.0m、観音開きで10~2.0m程度が使いやすいでしょう。

引き戸の場合は開く余裕のない場合や高低差があって開けない場合、開口部を広くとりたい場合などに有効です。

既製品では片引きで1.5m~3.0m、両引きで6.0m程度までです。

車庫と人の出入り口を一緒にしている場合、片開き戸と引き戸を組み合せる場合があります。

折たたみ戸も開口の広い場所に取り付けますが、長くなると重くなるので3.0m程度が多く使われます。

伸縮扉は1.0mくらいの通用口用から8.0m程度の大型車庫用までいろいろ選べます。

欠かせない車への配慮

人の出入口と接近して、あるいは同じところから自動車を出し入れする場合はどうでしょうか。

車がこれだけ普及しながら、敷地の広さが限られている今、車の出入りということは門扉や門塀をつくる上でかなり大きな影響を及ぼす因子です。

一般に前面が4m以上の道路で、自動車を縦に入れる場合の開口幅は、およそ3mほど必要となりますが、道路に接している面が短い場合、正門と自動車の出入り口を分けることは、開口部ばかりを作ることになり、全体のまとまりが損われます。

両方の配置をしっかりとって、中途半端な地割をしないことです。

自動車と人の出入り口が一緒の場合は、自動車がとまっている時に人の出入りに不便があったり、味けない空間になりやすいのですが、床の仕上げを分けるとか段差をわずかにつけるなどの工夫をしておくと、平凡になるのを防いでくれます。

少しでもゆとりを持たせたい

次に、門扉の門前の踏込みの広さについてもふれておきましょう。

踏込みとは道路と敷地の境界から、門扉の取り付くところまでの床のスペースをいいます。

この道路から門扉までの間が、外部の環境から異質の空間へ入る心理的なけじめをつける空間となります。

高低差のあるような敷地、勾配のあるような敷地でも、この距離のゆとりをとることで使いやすく調整できます。

入ってすぐ扉があるのではなく、二~三歩あるいてから扉となるようなゆとりをとりたいものです。

狭い門は役に立たない

一つの目安として、荷物を持って通れる幅(例えばビールのケースとか自転車)をとりますと90cmはあけたいところです。

傘を広げて通れる寸法だと幅1.3m以上は必要てす。

現在の住宅で標準的な門扉の正門の広さはどのくらいが適当かというと、建物一階の軒高の半分、約1.5m前後がバランス的によいようです。

塀の高さも1.5m程を標準に各々の条件によって増減しています。

門は広さの加減で開放的にも閉鎖的にもなります。

正門ですと、狭い場合で開口幅1.2m、広めで2.0m程度でしょう。

片開きにする場合、もっと狭くなりますが、正門の場合、できるだけ片扉にはしないほうがよいと思います。

門の広さはどれくらいにすべき?

門の前に立った時、玄関まわりが視野に入っているとゆとりがあって落ち着いた雰囲気が出せますが、この距離は長いほど、ゆとりが生まれます。

不足ぎみの場合は形に凹凸をつけたり、門冠りの木を植えるなどの方法もとられています。

門扉の門まわりに植栽のスペースがとれると周囲ともなじみやすく、風格の増した門に仕上がります。

開口部の広さは、人が通るだけですと体を横にして通れる30cm程の隙間でも可能ですが、荷物をもって通る、ゆとりを持たせる、訪問者を受け入れるための必要なスペースなどを考えていくと、おのずと幅が広がっていきます。

広さと高さ

門扉の門の位置を決定する場合、敷地の有効利用と建物とのバランス、道路、交通量、駐車スペースとの関連などを考慮して決めます。

特に玄関との関係は大きく、それで門のおよその位置が決まります。

また、敷地条件にはその敷地が持つ地勢、方位、広さ、形、環境、交通関係(道路の位置、交通量)等があります。

これらを前提条件として住まい全体の構想が生まれてきます。

地割り、間取り、更には立面、断面計画にいたるまで、同時に計画されるべきものなのです。

全体のバランスを考えて

今後は、建物や全体のバランスを基本に考えながら、扉、壁、床による人の導き方を、遊びもとり入れながら、もっと洗練させていくべきだと思っています。

そう考えますと、門扉をつくるにはいつ頃から計画していけばよいか、という点は重要なポイントです。

建物の計画時、もっと早くて敷地の選定時には門の位置をおおよそ決めて計画に入るほうが、敷地全体の有効活用の面からも間違いがありません。

建築家は建物の中に人をどのように誘導してくるかを考えながら建物を設計しますから、遅くとも建築の設計完了時点では門塀の位置やスペース、素材等は決めておきます。

この時に造園や設備の専門家も加わって、どのような門にしていくか、どのようなアプローチや前庭にしていくか、主庭、給排水工事とのからみ、電気、ガスの引き込みやメーター、配管のチェックなどをしておく事が大切です。

建物ができ上がってから、門がとれない、階段が納まらない、狭い、配線を忘れた、予算がなくなったなどの問題を生じさせないためにも、早期の総合計画は不可欠です。

遊び心を生かす

先頃、ヒットした商品の具体例をまとめた本の中に、「実遊品」という言葉が使われていました。

ヒットした商品には実用面のみでなく、遊びの要素が入っているというのです。

生活必需品はなんでもそろっている今、実用的な機能が充実しているのは当たり前で、そこにもう一つ面白さや遊びの要素が不可欠らしくて、工作人は遊戯人の心理がわからないとやっていけない時代が到来しているというのです。

私の場合、それで思い出すのが10年以上前、著名なグラフィックデザイナーがデザインした、蝶に人の目がついたような門扉です。

建物や外構全体を考えると扉だけが目立つようなデザインは好ましくないと思いました。

ところが、時間がたって現在考え直してみると、実遊品がよく売れる時代に、機能、バランスという面だけを強調していた自分のほうがデザインカに欠け、使いこなせなかったのではないか、という反省にかわりました。

扉が10数年先を行っていたのかもしれません。

苗木活着後の手入れ

門扉に苗木が根づいた後は、生垣が予定の高さになるまでは、側面だけを刈り込んで、上のほうは自由に伸ばしておくのが普通です。
1年目は、徒長枝のようにむだ伸びした枝や、梢の端を軽く切りつめる程度でよろしい。
2~3年目になって次第に枝や葉が茂ってきますと、刈り込みの形を決めて刈り込みにかかります。
生垣の形にはいろいろありますが、一般には頂の幅が底の幅より少し狭い、細長い台形に仕立てるのが理想とされています。
これは、生垣の根元のほうが、上の枝や葉のために日陰になりやすいことと、養分の流れが梢のほうより悪いということで、枝の伸びが悪くなり勝ちである上に、これと反対に、上のほうは日当たりがよく、養分の流れもよいため、枝の伸びが速く、枝や葉がよく茂って根元のほうが枯れ上がってくるからです。
生垣の幅は生垣の高さによって違いますが、一般には、高さが60センチのときは30センチ位、1メートルのときは40センチ位、1.8メートルのときは50センチ位が普通です。
もし幅を広くとった低い生垣を作るときは、苗木を二~三列に植えればよいでしょう。

生垣の一般手入れ

《植え付け後の手入れ》
苗木を植え付けてから晴天が続くようでしたら、しばしば水かけをしなければなりません。
普通の場合は植え付けのすぐ後と、3日位後にたっぷりと水を与え、その後は、晴天が一週間も続けば水をかける程度でよろしい。
しかし、特に乾きのひどいときは、2日に1回は十分に水かけをしてやりましょう。
生垣製の門扉は手間がかかりますが見栄えは非常によいものです。